このエントリーをはてなブックマークに追加
1: スコティッシュフォールド(埼玉県):2012/07/04(水) 17:19:31.85 ID:FJl2oASkP
2012年07月04日

2012年春 星海社FICTIONS新人賞 編集者座談会
http://sai-zen-sen.jp/works/extras/sfa005/01/01.html

『ノーマルの私』:キャラクター・文体ともに失敗している。(平林)

『私のおばあちゃん』:えーっと……これ、小説じゃないですよね?(平林)

『饒舌サイクロプス』:かっこいい言葉遣いを目指す前に、日本語の文法を勉強しよう!(平林)

『ナマコプリン』:設定・文体など、全体的に幼すぎる。(山中)

『八月の少年』:つまらなかったです。(柿内)

『純粋培養の哲学者』:文章が変。どうでもいいところにページを割き過ぎて、長くなっている。(平林)

『G.T.H』:序盤からどこに視点を定めて読めばいいのかわからない。文章も冗長。
3~4割は削って下さい。(山中)

『フリークス・ガール』:形容詞がいちいち陳腐で辛い。(平林)

『絶叫織姫』:長い! 勘弁してくれ!!(平林)

『二人の出会いが世界を変える。悪魔―デモンズ―』:描写が陳腐すぎる。(山中)

『椅子の脚に座る少年』:自己満足のための小説。(柿内)

『ヴァレンナー それでも戦う決意は折れない』:日本語がかなり変。あと、お願いだからもう「第三次世界大戦」は勘弁して下さい。(平林)

『其の引鉄が、引けなくて』:この文体はちょっと失敗ではないでしょうか。(平林)

『魔法少女もどき』:うーん、凡庸ですね。(平林)

『天才WW外科医WW雨児W鳰WWWWW』:主人公の全部の台詞に草(www)を
生やしてどうしようと思ったのでしょうか。(山中)

『彼女のお母さんが七一八歳だった件について』:読んでいて、実にいたたまれない
気持ちになりました。(平林)

『アリエル・ピンクのダーク★ダーク★ダークライト』:読み手を意識して作品を書いて
欲しい。こんな突飛で支離滅裂な内容に我慢強く付き合ってくれる読者がいると
思えません。(岡村)

『あにめると』:こういう作品はまったく興ざめです。他社へどうぞ。(柿内)

『クランク・クライム』:作品に強度がない。スカスカ。送ってくるなら本腰入れて書いて
下さい。(岡村)

『レダム―月下の人工天国―』:独自の世界過ぎて無理でした。(竹村)

『替え魂師』:なんか……ものすごく………………古い!(平林)


2: スコティッシュフォールド(埼玉県):2012/07/04(水) 17:20:12.69 ID:FJl2oASkP

過去の座談会

http://sai-zen-sen.jp/works/extras/sfa004/01/01.html
http://sai-zen-sen.jp/works/extras/sfa003/01/01.html
http://sai-zen-sen.jp/works/extras/sfa002/01/01.html
http://sai-zen-sen.jp/works/extras/sfa001/01/01.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 2


176: ボンベイ(兵庫県):2012/07/04(水) 20:01:54.10 ID:h3xygQbF0
>>2
褒めてる作品もあるのね


『1980生まれのミステリ』
これはなかなかいい! だけど、出版は厳しい。
いったい何件の許諾を得なければならないか……。
そして日常系のミステリだからこそ、トリックは大仕掛け、
あるいは意外さがなければ「弱い」のです。
次回、再チャレンジよろしくです。(太田)


4: ベンガル(やわらか銀行):2012/07/04(水) 17:20:56.87 ID:Iuu1Wlj00
>『天才WW外科医WW雨児W鳰WWWWW』:主人公の全部の台詞に草(www)を
生やしてどうしようと思ったのでしょうか。(山中)





これ発売しろよ(´・ω・‘)

15: エジプシャン・マウ(チベット自治区):2012/07/04(水) 17:24:07.28 ID:JBfNAcFP0
>>4
おれも読みたいwww

23: イエネコ(西日本):2012/07/04(水) 17:28:41.63 ID:IsCDE73K0
>>4
凄く気になる

173: イエネコ(東京都):2012/07/04(水) 19:46:52.49 ID:au7FgKy10
>>4
草が大文字なのは何かあるんだろうかw

185: 猫又(青森県):2012/07/04(水) 20:17:51.91 ID:ZVvbOqP30
>>4
批評分から察しろよ

内容には一本も草生えてないんだよ


9: ジョフロイネコ(徳島県):2012/07/04(水) 17:22:32.52 ID:PJFuRtxJ0
内容全く知らんが、大体こんなもんだろ。
99%以上ゴミの中から原石探すんだから
大変な作業
だろうな

16: ジョフロイネコ(大阪府):2012/07/04(水) 17:24:10.71 ID:Gb7WtpmP0
見てきたけど
ここラノベとは違うような
一般ってほど硬派でもないけど

17: ボルネオウンピョウ(やわらか銀行):2012/07/04(水) 17:24:22.18 ID:GROWlHtN0
>星海社
>講談社の100%出資子会社。
>WEBサイトを中心とした出版の確立をめざし、2010年9月15日に「最前線」を開設。
>2011年9月21日には新レーベルの「星海社新書」が創刊された。
>星海社文庫
>ひぐらしのなく頃に
>Fate/Zero(全6巻)

こんなの出来てたのか

20: 黒(アメリカ合衆国):2012/07/04(水) 17:26:18.58 ID:JnSkFvZL0
「日本語が変」「文法勉強しろ」ってワナビには一番キツいだろうなw

21: オセロット(catv?):2012/07/04(水) 17:26:57.33 ID:sWY1ISp10
「文芸よりも文芸的でラノベよりもラノベ的な作品が欲しいの。
 例えば村上春樹や筒井康隆。そういうのが送ってきてくれねーかなー」

高望みしすぎだろw

37: エジプシャン・マウ(岩手県):2012/07/04(水) 17:32:57.76 ID:z1a/I9KZ0
>>21
例えになってないじゃんw


27: ハイイロネコ(茨城県):2012/07/04(水) 17:29:35.20 ID:4qYQql710
>『絶叫織姫』:長い! 勘弁してくれ!!(平林)
読んでやれよ…。

30: ギコ(埼玉県):2012/07/04(水) 17:29:57.39 ID:BjVRmpjg0
>>1と同じ太田編集長が過去にやっていたファウスト新人賞の酷評

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/magazines/faust2/comment.html
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/magazines/faust5/comment.html
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/magazines/faust6b/comment3.html
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/magazines/faust6b/comment4.html

42: ボルネオウンピョウ(やわらか銀行):2012/07/04(水) 17:34:40.81 ID:GROWlHtN0
>>30
この人が気に入った小説は
恐らくラノベの読者には不評と思う
芥川とか言われても困るだろうしw


34: トラ(長野県):2012/07/04(水) 17:32:11.47 ID:ElTGdtCx0
>『八月の少年』:つまらなかったです。(柿内)
>『絶叫織姫』:長い! 勘弁してくれ!!(平林)
>『魔法少女もどき』:うーん、凡庸ですね。(平林)

読みたくないしコメント書くのもめんどくせーという
強い意思だけがビンビン伝わって来るよね(´・ω・`)

41: マーゲイ(北海道):2012/07/04(水) 17:34:27.80 ID:bjbf7bXt0
よっぽど酷いんだろうなぁ…同情するわ
漫画の審査ならまだしも素人の駄文を読むってのは本当にきつい


49: ぬこ(千葉県):2012/07/04(水) 17:39:34.74 ID:xh5GGkWq0
本当に大量のニートがラノベ作家目指してるんだろうか

52: ウンピョウ(鳥取県):2012/07/04(水) 17:40:07.74 ID:XRRmEPMe0

簡単な批評まとめてるのかと思ったら400ページ近くありやがるw

54: バーミーズ(dion軍):2012/07/04(水) 17:41:55.21 ID:pBUpAFXR0
こういう評だと逆に見たくなる。最悪作品は出版したらどうだ

55: 白黒(宮城県):2012/07/04(水) 17:42:38.93 ID:YP1FtdCh0
漫画の審査だとボロクソに叩くと次回作描かずに潰れちゃうから、
どんなに酷くても最低1つは誉めろと編集部マニュアルにあるけど、
投稿作とページ数の多い小説はかまわずボッコボコに叩くんだな(;・∀・)

58: ヤマネコ(大阪府):2012/07/04(水) 17:44:21.30 ID:6jVlNYDh0
一応目を通すだけ良心的
ひどいと入賞者はあらかじめ決まってるから他の奴の作品は封も開けずに捨てる

68: バリニーズ(SB-iPhone):2012/07/04(水) 17:48:13.67 ID:lP/Zf9Y8P
>>58
こんな適当なコメント、ちゃんと読んでるかどうかわからんげな

174: イエネコ(東京都):2012/07/04(水) 19:51:31.23 ID:au7FgKy10
>>68
読むわけないだろw
あらすじと頭の数ページでふるいにかけてる。ここで9割以上消える


66: デボンレックス(青森県):2012/07/04(水) 17:47:55.63 ID:uqY7JeuN0
たしかそれなりによかったのは個別で論評してる

送られてきた全作品に一言コメントつけてるんだから頑張ってると思う

74: マンチカン(関東・甲信越):2012/07/04(水) 17:50:15.09 ID:si5Pntv7O
あとがきを書いてくる奴までいるらしいぞ

79: エジプシャン・マウ(岩手県):2012/07/04(水) 17:51:39.11 ID:z1a/I9KZ0
>>74
ラノベに限らず、著者近影とか「驚愕の才能!」みたいな帯を
自分でつけるやつは多いらしい


82: トンキニーズ(愛知県):2012/07/04(水) 17:53:17.98 ID:Ekr6aRlq0
>>79
ワロタ
世の中には面白い奴らがいるもんだなぁ


75: バリニーズ(SB-iPhone):2012/07/04(水) 17:50:19.67 ID:lP/Zf9Y8P
なんか、俺の妹は漢字が読める、とかいうのは立ち読みしたらおもしろかった

271: オシキャット(やわらか銀行):2012/07/05(木) 05:08:54.59 ID:pY+c1J2u0
>>75
あれはここ数年で一番文章いい

そもそも読んでるやつはちゃんと読んでるじゃん


83: マレーヤマネコ(スウェーデン):2012/07/04(水) 17:53:25.78 ID:gNmH7edq0
才能ない人に対して厳しく行くのは
その人のためにも間違ってない
よな
奨励会とか見てると思うわ

85: サビイロネコ(千葉県):2012/07/04(水) 17:55:42.99 ID:Juz0lGRw0
太田さんは、規定越え大量の原稿を送ってきた京極夏彦を見出した編集を尊敬してるのに
その取り巻きが 長い!で一刀両断とは

91: サビイロネコ(香川県):2012/07/04(水) 18:00:18.78 ID:lyueuaU80
>>85
すげーよな、京極夏彦の書斎
ある意味、病気だよ

105: ラ・パーマ(関東・甲信越):2012/07/04(水) 18:07:15.28 ID:+8w5T40RO
>>91
小説読んで衝撃うけたのはあとにも先にも京極夏彦だけだ


92: ロシアンブルー(会社):2012/07/04(水) 18:00:47.78 ID:eWilbn7S0
凡庸あたりが褒め言葉に見えてきたw

98: ヤマネコ(大阪府):2012/07/04(水) 18:03:42.48 ID:6jVlNYDh0
だが待って欲しい
これはいわゆるツンデレという奴ではないだろうか

100: ジャパニーズボブテイル(やわらか銀行):2012/07/04(水) 18:06:09.89 ID:u3u7mEyg0
まぁでもラノベ作家やその予備軍の筆力なんて実際こんなもんだろ
歯に衣着せないいい書評だと思うよ

103: カナダオオヤマネコ(埼玉県):2012/07/04(水) 18:06:33.89 ID:UfSwoQg80
この星海社の新人賞は応募規定の枚数の上限が無いから
他のラノベ新人賞では応募出来ないような大作が応募出来るから需要があるらしい

3600枚(単行本10冊分)の大作を送った勇者

http://sai-zen-sen.jp/works/extras/sfa001/01/01.html

109: ラ・パーマ(島根県):2012/07/04(水) 18:09:34.09 ID:6mdUS93f0
>>103
その規定なら確かに無駄に長い大作の応募が多くなりそうだなw
こりゃ読む方も苦行かもな

182: ボンベイ(兵庫県):2012/07/04(水) 20:13:13.62 ID:h3xygQbF0
>>103
>太田
>あと、3600枚はやっぱり商品にならないよ。
>単行本10冊分に及ぶ新人の原稿なんて、正直扱いようがない。

落選理由がひどいなwwwww上限つけといてやれよwww


114: マンチカン(中国地方):2012/07/04(水) 18:13:34.12 ID:U4NKEblC0
審査する方も大変だよな

115: ツシマヤマネコ(東京都):2012/07/04(水) 18:16:56.12 ID:HVWAtJxq0
公募の審査ってナルシスト入った糞作文を山のように読まにゃならないんだから、
もはや苦行だよな・・・

117: オリエンタル(千葉県):2012/07/04(水) 18:18:16.50 ID:Iywh8JDB0
目が離れすぎているしか言わない審査員よりはマシだろ

129: ラ・パーマ(島根県):2012/07/04(水) 18:23:43.40 ID:6mdUS93f0
でもまあ>>1
2012年春 星海社FICTIONS新人賞 編集者座談会 
http://sai-zen-sen.jp/works/extras/sfa005/01/01.html
受賞作批評読むと今回だけでも370Pもあるしな
最後にその他の応募作品が1行批評に鳴るのも仕方がない気もする

137: バリニーズ(家):2012/07/04(水) 18:29:14.54 ID:dtjXCs1O0
比較的まともな文芸部や、ネットの小説批評の集まりなんかにいたことある奴はわかると思うが
素人の書いた作品を批評するのって、本当に面倒くさいし辛い
初めのうちは夢見てるバカな作家志望連中を貶すのが楽しくてしょうがないが
何度も続けていくうちに時間と労力がもったいなく感じてくる

140: 白黒(宮城県):2012/07/04(水) 18:31:02.82 ID:YP1FtdCh0
>あと、お願いだからもう「第三次世界大戦」は勘弁して下さい。(平林)

次は第四次世界大戦モノで応募だな

143: オリエンタル(千葉県):2012/07/04(水) 18:34:53.66 ID:Iywh8JDB0
>>140
もう第四次聖杯戦争を出してる出版社だからダメ


149: ターキッシュアンゴラ(やわらか銀行):2012/07/04(水) 18:41:50.59 ID:1M6IhfGk0
ここでボッキリ心をへし折ってやるのが情けってもん

153: ジャガーネコ(千葉県):2012/07/04(水) 18:54:51.91 ID:MfJFwiTI0
書評を書くからには1点でも指摘するべきだな。特に「つまらない」なんて職務放棄だろ。
「つまらない」って言葉を使うなら落選作全部に「つまらない」と一言だけ書いておけば良い。

160: ジャガランディ(内モンゴル自治区):2012/07/04(水) 19:11:25.65 ID:uhVuEZJKO
極めて端的に欠点を指摘していて素晴らしい
長々と論評するよりよっぽどいい

175: メインクーン(関東・甲信越):2012/07/04(水) 19:56:32.90 ID:duDkGtQoO
数ある作品を全て見て評価してるならいいんじゃなかろうか
自身の求めるものを探して批評しているなら悪い話だが

178: ジョフロイネコ(広島県):2012/07/04(水) 20:05:03.65 ID:jaMCKM7D0
全部読まれてないよ。メフィスト賞の審査員の会話でも途中で切ったとか言ってたし

179: ヒマラヤン(愛知県):2012/07/04(水) 20:06:04.00 ID:x9yYRzHk0
まともに評してる方だろ

187: ソマリ(埼玉県):2012/07/04(水) 20:22:04.91 ID:jU3r1GiD0
まぁこういう勘違い編集者の狭き門を通るのも大事だろ
頑張れニート諸君、ラノベは中身より表紙だがな!

195: デボンレックス(dion軍):2012/07/04(水) 20:47:39.49 ID:zbyH3P8m0
昔読んだ小説の書き方の本に
新人賞はあらすじくらいしか読まれないから、分かりやすく書け!
みたいなことが書いてあったけど
今はあらすじを投稿作品と一緒に送ったりはしないんか

199: エジプシャン・マウ(岩手県):2012/07/04(水) 21:29:08.57 ID:z1a/I9KZ0
>>195
一緒に送る奴もいるけど、たいてい
「彼がそこで目にしたものとは…」みたいに単なる煽りと間違えてるらしい

梗概とかテーマ、仕掛けをまとめて添えるのは悪いことじゃないはずだが


196: ブリティッシュショートヘア(関西・東海):2012/07/04(水) 20:58:12.46 ID:id0apMSd0
説得力の有る説明も碌に出来ないのに

〇〇が使えるor出来るのは女の子だけ

こういうのはもう要らないから勘弁してください。

213: イエネコ(東京都):2012/07/04(水) 22:28:35.05 ID:au7FgKy10
>>196
パンツじゃなから恥ずかしくないモン!
くらいの説得力が欲しいな



197: ソマリ(家):2012/07/04(水) 20:58:54.96 ID:ORt7sKJR0
ここの新人賞はこれが売りだから
応募する方も分かってんだろ

209: アフリカゴールデンキャット(チベット自治区):2012/07/04(水) 22:10:08.33 ID:MlnhFKG40
悪文ばかり読まされてるとイライラするからな
その憤りをストレートにぶつけてる感じ



215: トラ(dion軍):2012/07/04(水) 23:13:53.41 ID:UJ5eizk00
そもそも、ライトノベルってなに?

217: ハイイロネコ(埼玉県):2012/07/04(水) 23:18:23.11 ID:q6UVFzxf0
>>215
アニメ化を前提としたヲタが喜びそうな読み物

230: マーブルキャット(dion軍):2012/07/05(木) 00:04:00.10 ID:UJ5eizk00
>>217
なるほど分かりやすい。
ありがとう。


220: シンガプーラ(千葉県):2012/07/04(水) 23:29:58.65 ID:09/NIbb80
素人叩いて炎上的に話題集めてるんだと思ってたけど
なんかこれは……普通にレベルの低い物が大量に送られてきて
うんざりしてるんだな

これなら俺にも書ける、みたいな奴らが増えてそうだ

221: 三毛(関西・北陸):2012/07/04(水) 23:30:48.90 ID:/KTxx5nyO
なんだか壮大なタイトルの横にこういう批評を
書かれているのは居たたまれない


229: ソマリ(大阪府):2012/07/05(木) 00:02:17.85 ID:UQL+Zk3/0
俺は全然作家志望とかじゃないが、つまらん本ばっかり出してる編集が
横柄な態度取ってるのはウザイな
今のジャンプ編集部が新人をクソミソに貶してたらムカつくだろ

233: シャム(dion軍):2012/07/05(木) 00:11:22.67 ID:p5ONLbgP0
むかしSFマガジン誌上で「覆面座談会事件」というものがあり
編集者がSF作家たち(小松、筒井、星、眉村など)を徹底的に酷評した。
当然作家たちの総スカンを食らい編集長の福島正実は退社に追い込まれたが、
「そんな批評ごときで傷つくような奴は作家になんかならなきゃいいんだ」
と言い張ってなおさら嫌われた。
どっちにせよ酷評していいことはひとつもないよ。


240: ピクシーボブ(北海道):2012/07/05(木) 00:45:37.18 ID:30xvFBW+P
昔、少年ジャンプの漫画公募でキャプテン翼の作者が
「キャラのかき分けが出来ていない」
と総評を出していたのには噴いた

241: セルカークレックス(福岡県):2012/07/05(木) 00:48:51.94 ID:FFBfvPv80
せめて12頭身くらいはないとキャラが立たないしな

243: セルカークレックス(佐賀県):2012/07/05(木) 01:12:27.96 ID:yRKI0jRP0
「バトルロワイアル」って、何かの大きな賞に出品したら審査員に散々酷評されて、
そのあまりの酷評ぶりに興味を持った出版社が読んでみて気に入って、
そこで日の目を見てベストセラーに、みたいな流れだったよね、確か

246: しぃ(家):2012/07/05(木) 01:20:32.41 ID:wsZmfvyU0
>>243
売り方が全て


247: キジ白(大阪府):2012/07/05(木) 01:21:57.93 ID:WmJKetTe0

手垢の付いた古臭いモノと世間から置いてけぼりになっていた古典的なテーマに
新風を吹き込んだってのも新人作品発掘の醍醐味の一つだと思うが。
第三次世界大戦はもうイラネ送ってくんなっていう姿勢では、
万に一つの金脈を取り逃がすことになるんじゃないか。
9999作のゴミを掻き分けるのは苦行だろうが、そもそも仕事とはそういうものだろ。


251: セルカークレックス(福島県):2012/07/05(木) 03:17:14.02 ID:R23oByrM0
ラノベと小説の違いって何なの?
小説家がこの賞に応募しても却下されんの?

253: ツシマヤマネコ(大阪府):2012/07/05(木) 03:29:48.07 ID:04NuOuni0
>>251
ラノベは小説の一部だろ。
萌え絵を挿絵に使った中高生オタク層向小説。
単純にライトノベルレーベルから出てたらラノベとかって定義もあるみたいだが。

つってもこの定義から逸脱してる一昔前のSF、銀英伝や星界シリーズあたりも
ラノベ扱いされてるのが現状なので
お前さんがこれはガキオタ向け小説だなと思ったらその本をラノベと呼んでいい。
怒られる時もあるとは思うが。


254: ラグドール(福岡県):2012/07/05(木) 03:30:01.62 ID:b60U3ENG0
文章なめてかかってるラノベ書きにはいい薬になったんじゃない?

256: 縞三毛(愛知県):2012/07/05(木) 03:36:59.44 ID:6FoD9SbU0
こんなん見てたら、芥川の選評は酷評に見えてもまともにやってるんだと思った。
石原なんて毎年毎年読む気にならない的なコメントばかりで
さっさと引退しろと思ったもんだが、惜しい人を亡くした

257: ターキッシュアンゴラ(家):2012/07/05(木) 03:48:03.16 ID:8fFIT3aM0
芥川賞候補作は
なんだかんだで皆それなりのレベルに達してるだろうからな
褒めるにしても貶すにしても評しやすいのだろう
それに比べてこういうド素人の作品を評さにゃならん人は可哀そうだ
「つまらない」の一言で片付けたくなる気持ちも分かる

265: ジャガー(大阪府):2012/07/05(木) 04:43:31.54 ID:FEJrcP690
スレ読んでて思ったんだけど

お互いに育て合うと言うか切磋琢磨って言うか
そう言う機会はネットで増えたはずなのに
活用してないんだろうか

美化されたトキワ荘とか、俺の時代でも即売会なんかで
B:このアイデアは良いでござるよA殿
C:ただこの部分の描写は少し煩すぎるのではござらんかB氏
A:これは手厳しい意見でござるな、次回作では…
C:いや、このままこの部分だけ修正した方が
B:アイデアは秀逸であるのでござるし
なんて会話してたんだが

267: ベンガルヤマネコ(チベット自治区):2012/07/05(木) 04:52:28.07 ID:cI52LVVT0
>>265
ネットのおかげで同好の士と出会いやすくはなったけど
互いに切磋琢磨する関係って、なかなか得がたいものじゃないかな

同じくらいのレベルで寄り固まって
「Aさんステキっすばらしいっ」
「Bさんこそっ」
ってお世辞の言い合いっこしてるのが大半だと思う


278: メインクーン(関東地方):2012/07/05(木) 06:03:57.45 ID:Baspo55TO
初めてみせる相手が審査員ってのも多そうw

282: ジャガー(大阪府):2012/07/05(木) 06:40:04.44 ID:FEJrcP690
>>278
そこが不思議でたまらんけど、実際に多いんだろうな


280: ペルシャ(内モンゴル自治区):2012/07/05(木) 06:20:03.55 ID:7FDXmSrm0
出版業界もやばくて即戦力がほしいわけだし
長い期間育成とかやらせるわけにもいかない商売だもんな
編集側もこの不況でも夢追いかけてる他人の人生おろそかにできないだろうし
そういう意味ではアドバイスより通告のほうがいいかもしれない


287: アジアゴールデンキャット(やわらか銀行):2012/07/05(木) 09:36:55.56 ID:qqf0nc3s0
本当なら電撃みたいに賞とる人間だけじゃなくて
賞とれなかったのでもキノや禁書みたいに売れるの発掘できなきゃダメだよね

290: マーブルキャット(関東・甲信越):2012/07/05(木) 10:52:44.74 ID:lkLXPpqlO
>>287
電撃並みの能力をマイナー出版社に求めるのは無理


291: シャルトリュー(新疆ウイグル自治区):2012/07/05(木) 11:18:54.18 ID:diKQQDat0
お前ら、勘違いしてるみたいだけど
>>1の星海社ってところはラノベじゃないんだよ
http://sai-zen-sen.jp/fictions/
一見ラノベに見えないかもしれないが、中身は一般文芸

295: ボンベイ(石川県):2012/07/05(木) 11:35:08.37 ID:UJVt529F0
ボロクソに批評するのは簡単なんだよね。
淀川さんだって、日曜洋画劇場では必ずどこかを褒めるようにしていたというし。どうしようもない
駄作でも必ずどこかを褒める、作品がダメなら女優や男優を褒めたというw

そういう意味では、ストーリーも登場人物も設定も描写も構成力も比喩も表現力もタイトルも
とにかく全部がダメなんて応募作があるとは思えないし、どこかに無理やりにでも
褒めることができる要素はある。
「この作品はゴミだけど、物を食べる描写だけは人よりうまいね」ぐらいの言い方をすれば、
応募者も憤怒することはない。

301: ロシアンブルー(島根県):2012/07/05(木) 12:05:22.30 ID:0Ca4q/cF0
>>295
1行感想文以外は結構書いてあるけどね
既存の作品や成功してる作家さんの名前を例に出しすぎだとは思うがw

興味あったから色々見て回ったが投稿者で憤怒してる人は見当たらなかったなw
応募する人はこの賞の形式や「座談会」を予め理解してる感じだった


298: スノーシュー(dion軍):2012/07/05(木) 11:54:31.07 ID:sjNdA4F70
下読み通してへんならこんなもんやろ(´・ω・`)

304: リビアヤマネコ(大阪府):2012/07/05(木) 12:16:05.47 ID:gXG9F3q30
応募してくる奴の無職率高そうだなだろ。引きこもりや無職は
漫画家やラノベ作家目指すことが多いらしいから。
これぐらい俺なら書けそうとか、一発逆転を狙ってる考えの甘い奴ら。
知識もろくに習得しようとせず小手先だけで書こうとするから結局ものにならない。

この編集部を批判してる奴も出来ないことを言い訳したり相手のせいにしたりする人生を
送ってきた奴らだろ。

308: アジアゴールデンキャット(やわらか銀行):2012/07/05(木) 12:58:27.60 ID:zpaZThTQ0
17 五枚はないだろう、五枚は!(怒)
19 ポエムは禁止。
21 だから、ポエムは禁止だって!
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/magazines/faust2/comment.html

わろた

310: ロシアンブルー(島根県):2012/07/05(木) 13:15:24.47 ID:0Ca4q/cF0
>>308
107 (未記入)「ここは、私、悲歌沢竜髭の研究所だ。」から始まる作品。ポエム系。
でもポエムならポエムで、タイトルくらいは礼儀としてつけて欲しい。
65 (未記入) 「こちら地球上空。安定飛行をつづけている。」から始まる作品。
編集者に手紙を書いてくる暇があるんだったらタイトルをつけるのを忘れないように。
136 (未記入) 「まずは、現状把握から。」から本文が始まる作品。正直なのはGOODだけど……。
小説はそれだけでは成り立たないのでは。とりあえず、まずは、タイトルがないという現状把握を!
146 (未記入) 「僕は死ぬ。」で本文が始まる人。うーん、読者のことを全くといっていいほど
考慮に入れていない。タイトルくらい書こうぜ。
147 (未記入) 「――視界が一瞬で逆転を起こす。」で本文が始まる人。観念的なものを
書きたいのはわかるけれど、タイトルくらいはつけてくれ。

タイトル無いのは流行りなのか

50 菊門島 バカッ(笑)!
100 L/O   せっかくいい大学に通っているんだから、とりあえず大学生活を全うしてみるのも一興かと。
編集者になるのはそれからでもじゅうぶんオッケー……だと思いますよ。ただ、これも
何かのご縁ですから、東京にきたときに連絡をいただければお茶くらいならおごります。
あ、小説のほうはわるくなかったです。ゆらゆらしている文体には魅力がありました。

なんか楽しそう。しかし100は就活内々定を貰った感じw

312: ジャガー(大阪府):2012/07/05(木) 13:31:37.95 ID:FEJrcP690
>>310
すっげえ読みづらいけど、なんとなく把握
タイトルつけない、イラストつけてくる
そう言う人が多いってことね、最近は
なんだろう、自分の作品に好きにタイトルつけてくれってスタンスか
それとも前例があって真似してるのか

イラストつける気持ちは何となくだけど、わからなくもないな
自分の世界を文章だけで評価されたくない! みたいな?
そこで既に自分の入りたい世界を放棄してるような気がするけど


311: ツシマヤマネコ(大阪府):2012/07/05(木) 13:28:26.06 ID:04NuOuni0
愛があるな。
上から目線でもないし何とかして褒めようとしてるから好感度高い。
まぁ保父じゃねえんだからそれがいいかはわからんが。

319: アムールヤマネコ(埼玉県):2012/07/05(木) 14:12:18.46 ID:J2Hi4QrW0
島本和彦のエッセイ同人誌で、自主制作映画の審査員やって
どれも見るに耐えないものばかりで、その後に映画館でクソ映画見ながら
「最後まで見ていられる物を作れるってすごいことなんだと思った」って書いてたな

320: ペルシャ(内モンゴル自治区):2012/07/05(木) 14:18:04.95 ID:pxyhVI200
>>319
吼えろペンでも同じ話してた


326: イリオモテヤマネコ(東京都):2012/07/05(木) 15:25:37.05 ID:mbL1yLWC0
こいつらが見つけて世に出した作品は
Amazonで酷評されてる
んだよな。

329: スフィンクス(奈良県):2012/07/05(木) 16:05:47.69 ID:SG36d5/o0
ラノベ新人賞は意外とまだマシなんよ
まあ自作イラストとか自薦声優とかつけてくる奴もいないわけじゃないけど今はぐっと減ってる
投稿者が若いから投稿前に普通にネットで調べるし
皆それなりに真剣だから改めるべき所は柔軟に改めてるんだろう

ただ一般はまだまだだろうな
学生時代に投稿仲間と触れる機会なんて早々ないしプロの世界を垣間見る機会もない
仕事の傍ら町内回覧板に小噺書いたら知り合いに褒められた!俺文才ある!みたいなおっさんが
学生の頃から暖めた構想数十年の魂の作品を今ここに!とかそういう世界だろうな

347: マンチカン(大阪府):2012/07/05(木) 17:05:36.86 ID:+aMiVGxk0
>>1
これって言いすぎなのかそうだよなぁなのか、
俎上に上がった小説を読みたい

348: スノーシュー(dion軍):2012/07/05(木) 17:07:13.54 ID:553W+Npc0
全応募作にコメントをつけてくれると云うのは大したものだと思うが。

349: デボンレックス(広島県):2012/07/05(木) 17:10:37.89 ID:EO/xHaAz0
>>348
ちゃんと読んでるってことだもんな


350: スミロドン(愛知県):2012/07/05(木) 17:13:53.32 ID:G76XYMdG0
>>『ナマコプリン』:設定・文体など、全体的に幼すぎる。(山中)

ラノベ編集者が「幼すぎる」って、一体どれほどの幼さなんだろう
普通の人からしたら普通のラノベですら十分幼いのに・・・

360: シャム(埼玉県):2012/07/05(木) 18:24:42.96 ID:YXIjEenO0
太田編集長から直々に愛のムチを貰えるのは星海社だけ!

362: アメリカンカール(静岡県):2012/07/05(木) 20:24:12.07 ID:x/v2U9IX0

人材を育てる気の全く無いブラック会社が、
入社希望の凡人を片っ端から蹴りつつ、
自分たちは究極天才からの申し込みを待ってるだけ、
という風潮の写し絵に見えるな。


376: メインクーン(大阪府):2012/07/06(金) 02:35:55.44 ID:8cZzFt9j0
こいつら好き放題言ってるけどさ、きちんとした文体で書けば古いと言い
新しい書き方をすれば幼稚だとか勉強しろとか言ってんじゃないの?
よくいるんだよ何も考えずイメージもなくこれ違うあれ違うって奴が

実はこいつらってボトルネックになってんじゃないの?

392: ライオン(関東・甲信越):2012/07/06(金) 11:04:45.48 ID:wU/cYDGuO
>>376
それは思う
あとラノベの編集はいい加減、ちゃんとしたタイトルつけてやれと思う


380: スフィンクス(神奈川県):2012/07/06(金) 07:56:29.41 ID:Lcv3BVAeP
下読みのバイトしたことあるけど、ほとんど、文法がおかしい投稿作品を排除
するのが仕事だった。文章がうまい人がわざと文法から外れたことをするのと
文法を知らない人が滅茶苦茶な文章を書くのは全く違うし、そいう文章って
状況がさっぱり把握できないし、視線も定まらないからそのうちイライラして
くるんだよね。

382: スフィンクス(dion軍):2012/07/06(金) 08:42:28.41 ID:RDad5+ii0
でもこれって、サイトを見る限り、応募作品の全部に対して
コメントをつけているんだろ。
随分親切だと思うぞ。
他のラノベ新人賞でも、1次選考落ちとか含めたすべての作品に
短評をつけていったら、その95パーセント以上は、
だいたいこんなコメントになるんじゃないの。

383: ジャングルキャット(やわらか銀行):2012/07/06(金) 09:03:00.63 ID:mXSPwpQT0
>>382
http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/rookie/index

MF文庫は全応募作に対し、評価シートを送付します。 
 ※返送用の切手、封筒、宛名シールなどは必要ありません。
  全てメディアファクトリーで用意します。

ホビー文庫は返信用封筒一緒に送るようだけど一応全員に評価シート返してくれる
少なくともここみたいな短評(一言)じゃない

ここの編集者はやる気がない だから売れないんだよ

398: スフィンクス(dion軍):2012/07/06(金) 11:55:55.17 ID:RDad5+ii0
>>383
だからさ、それが「全応募作に対し、評価シートを送付します。」
でなく、全部の短評をHPに載っけた場合には、
だいたいこんな感じになるんじゃないのかなーって話なんだけど。


384: オセロット(東京都):2012/07/06(金) 09:05:23.60 ID:ZlJbl7iI0
公募文学賞の下読みのバイトしたことあるけど、
頭がおかしくなりそうでマジで拷問だった。
もう二度としたくない。

この新人賞は下読みを雇わずに編集者が直接やってるみたいだし
1行でもコメントつけてもらえるのは相当ましだと思うぞ。

387: ウンピョウ(福岡県):2012/07/06(金) 09:14:32.29 ID:vq+j0QQ+0
(平林)の書いたラノベが読みたい

どんだけすごいラノベを書くんだろ?

388: トンキニーズ(広島県):2012/07/06(金) 09:16:25.79 ID:6q5ZlIWC0
>>387
エディターとライターの仕事は全然別だろ?


394: アメリカンカール(SB-iPhone):2012/07/06(金) 11:09:04.21 ID:aDvwoEf8i
京極夏彦はデビュー作「姑獲鳥の夏」の持ち込みで、原稿を読んだ編集者は、
誰か有名な作家が編集者をからかっているのではないかと警戒しながら対面に至ったそうで、
プロとして使えるか否かの作品の差は、けっこうありそうだね。

397: セルカークレックス(WiMAX):2012/07/06(金) 11:41:29.79 ID:QikJ3llC0
>>394
逆に浅田次郎は、段ボール箱数個分の習作原稿を台車で編集部に運び込んだ、とか、
畳にあぐらかいて座卓で執筆していたが、ある日その部分を見たら自分の尻の形に
キッチリ凹んでた、そのくらい時間がかかってやっとデビュー、って自分で書いてたな
まあ、誇張もかなり混ざってるだろうけどw

早熟型と晩成型は確かにあるだろうね。


402: スフィンクス(神奈川県):2012/07/06(金) 13:52:56.01 ID:Lcv3BVAeP
並外れた才能と根性がなければ、ラノベ以外の作家にはなれそうにない
けどね。

403: ライオン(大阪府):2012/07/06(金) 14:04:27.34 ID:GuhHhMqa0

山田先生並の才能と根性があれば

ミリオンヒットできる




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
当記事は管理人が選別したスレッドを元に、レスの抽出・強調等の改変を加えコンテンツとして
再編集したものです。
無編集のままお読み頂きたい場合は下記URLをご覧下さい。

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1341389971/

スレッドタイトル変更:無

※番号の詳細については下記に示した基準をご確認下さい。
http://ow10territory.ldblog.jp/archives/53963654.html 

※当ブログのスレッドタイトル及びレス変更・編集に関するポリシーはこちらをご確認下さい。
http://ow10territory.ldblog.jp/archives/53936735.html